縺弱▲縺上j閻ー

ギックリ腰


ぎっくり腰


一般には、この状態はすなわち、大きな物を運搬しようとした時などに強い腰痛が発症して立っていることさえ困難になる事を「ぎっくり腰(ぎっくりごし)」の通称をもって表す。一般医療では「ギックリ腰」は、急性腰痛症といい腰に突如痛みが走る病で筋肉の損傷・筋膜性炎症・関節捻挫などの症状を指します。急性の筋・筋膜性腰痛の他、腰椎椎間板ヘルニア腰椎椎間関節捻挫や仙腸関節性腰痛などの病状がおおいようですが、まれにスプラング・バック(棘間・棘上靭帯損傷)でも同じような痛みを発症する。発症要因もさまざまであるが、だいたい運動不足や年齢などが考えられます。なお、腫瘍が原因で発生している場合は、安静痛や夜間痛が起こることが多いので「ぎっくり腰」みたいに損傷の原因を特定できることは多くない。また近頃では、要因を特定することのできない腰痛を「非特異的腰痛」と呼ぶことがあり、ストレスの影響があるのではないかと言われている。

ぎっくり腰の予防


予防としては、重量物など運ぶ際に足場の悪いところで不安定な姿勢で持ったりしないように心がけることや、重量物はできるだけ運ばずに済むように物の収納の方法などを普段から考えておくことが有効である。また、睡眠不足などでなおかつ過労ぎみの時なども起こりやすく、そのような環境にならないように防衛策を講じるのも一つの方法です。 可能ならば常日頃から軽い運動をして腰まわりから背中にかけての筋肉全体が弱くならないようにすることがそれなりに有効です。

ぎっくり腰の診断


一般に行われる検査では、主にレントゲンとMRIです。整形学的検査をする事もありますが、近頃ではMRIとレントゲンだけということがおおいみたいです。「ギックリ腰」は、レントゲンとMRIの診断を受けても原因は不明と診断されることが以外におおく、それらの原因は、筋肉、骨折、脱臼や靱帯のひどい損傷でなければ、レントゲンやMRIなどの画像診断には写らない為、少しの損傷に関してはMRIとレントゲンを受けてもわからないということになってしまいます。「ぎっくり腰」でレントゲンやMRIなどの診断を受けても「骨には異常ありません」と言われるだけのようです。

ぎっくり腰の治療


初期対応


突然発症する「ぎっくり腰」の初期の対処法は、動かず安静にして冷却することです。ぎっくり腰などの急性腰痛のおおくは、軟部組織(筋肉や靱帯)の損傷をともなうことがおおく、傷めてすぐに安静にすることと冷やすことが必要です。「ぎっくり腰」の中には痛みは出ているものの動ける場合もあります。だが、「ぎっくり腰」の痛みは時間をかけて少しずつひどくなる場合が多くて頑張れば仕事ができるからといって仕事をしてしまうと、後々悪化する一因になります。軟部組織の損傷がある可能性があることを考慮してすぐに冷やすことで炎症を抑える効果があると言われます。だがしかし、冷却しても疼痛が極度に減少することがない為、痛みの減少を実感するほどのことはありません。

痛み止めなど


病院では一般に、ぎっくり腰では、鎮痛剤を出されます。痛み止めで「ぎっくり腰」の疼痛を抑えて自然に治るのを目指します。

痛み止めの湿布


湿布も一般的に処方されます。だがしかし、「ぎっくり腰」みたいな急性の腰痛では、鎮痛剤の方が疼痛を軽減するにはいいようですね。

注射


疼痛がひどいとき、ブロック注射をします。痛む所の局所的な麻酔と背骨の神経に注射をおこなうブロック注射があります。ブロック注射は痛みにすごく効果的なことが多いがときどき医療事故も起こります。

コルセットなどの装具など


少し動くだけでも激痛をはっするぎっくり腰に、腰を保護するコルセットはとても有効な対処の一つです。腰部に負荷がかかると腰部を刺激して痛みが出るので、腰部を固定して動きを制限することで痛みを軽減します。

ぎっくり腰を整体の矯正


一般の治療に加えてカイロプラクティックなどの手技療法もぎっくり腰の治療法として考えている方達もいることでしょう。カイロプラクティックでおこなわれている「ぎっくり腰」の矯正は、どんなものでしょうか?カイロプラクティックというと骨をボキボキするイメージが強いと思います。カイロプラクティックは、一般的に脊椎の歪みを矯正して体を治す治療です。「カイロプラクティックで矯正を受けたら、帰りには疼痛は無くなって普通に歩いて帰ることができた」とか「たった一回の施術で治ってしまった」のような話はよく聞きます。一般的に腰を大きく損傷している「ぎっくり腰」には、ボキッとするような大きな力を加える施術はしません。優しく歪んだ骨盤や背骨を治療します。わずかな背骨や骨盤の異常でも腰辺りに激痛を発することがあるようです。この場合カイロプラクティックはとっても効果を発揮します。背骨の歪みや骨盤の関節などこのわずかな骨のズレを修正することで、疼痛が瞬間的に消えることがあるようです。ただし、「ぎっくり腰」のような急性の腰痛にたいしボキボキしてしまうような強い治療をするカイロプラクティックにいくのは注意が必要です。その中には「ぎっくり腰」のような急性の腰痛に対して過激な施術をしてひどくなることがあるようです。いいカイロプラクティックは、急性の腰痛に対しどのような場合も過激な矯正を行うことはない。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩こり背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正カイロカイロプラクティック
2023年12月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : kyapivara