縺弱▲縺上j閻ー

ぎっくり腰、整体

飛んでイスタンブール / 庄野真代


【ゆっくり解説】人身事故の瞬間に声が…日本で撮影された史上最恐の恐怖映像7選


【エモい】花火にありがちなこと【漫画動画】


【ゆっくり解説】空想科学シリーズ28 装甲騎兵ボトムズ アーマードトルーパー解説 レッドショルダー野望のルーツ


【ゆっくり解説】プロジェクトXが打ち切りになった問題のやらせ回をゆっくり解説


自動車の窓に隠された興味深いエンジニアリング技術



ギックリ腰


ギックリ腰


いっぱんに、この病態はすなわち、重量のある荷物などを運ぼうとした時などに強い腰痛が発生して立つことさえできなくなる状態を、「」の通称で表す。 病院ではぎっくり腰は急性腰痛症といい腰に突如疼痛が出る疾患で、筋肉の損傷・筋膜性炎症・関節捻挫などの症状をいう。 急に発生する筋・筋膜性腰痛(筋性腰痛症)のほか、腰椎椎間板ヘルニア腰椎椎間関節捻挫や仙腸関節性腰痛などのような病態が多いが、まれにスプラング・バックでも同様の疼痛を発する。 発症要因等も様々であるが、だいたい運動不足や年齢などが考えられる。 なお、腫瘍が原因で発症している場合は、夜間痛・安静時痛が起こることが多いのでギックリ腰みたいに損傷事由を特定できる場合は数少ない。 近頃では、原因を断定することができない腰痛非特異的腰痛と呼びストレスの影響があるのではないかといわれている。

ぎっくり腰を予防するには?


予防策としては、重量物など運ぶ時に足場の良くない所で無理な状態で持つなどしないように心がけることや、重い物はできるだけ持たずに済むように、物の収納の方法などを常日頃から考えておくことが効果的である。 また、睡眠不足などでかつ疲れ気味の時に起きやすいようで、そんな状況に陥らないように防衛策を講じるのも一つの方法である。 できるならば、普段から軽度の運動をして腰部まわりから背中にかけての筋肉が弱らないようにすることがある程度効果的である。

ぎっくり腰の検査


一般に行われる検査では、おもにMRIとレントゲンです。 整形学的検査をする場合もありますが、最近ではMRIとレントゲンにのみということがおおいようです。 「ぎっくり腰」は、MRIとレントゲンなどの画像診断を受けても原因は分からないと判断される場合が多く、その原因には、筋肉、骨折、脱臼や靱帯の大きな損傷がなければ、MRIとレントゲンなどの画像診断には写らないので、少しの損傷に関してはレントゲンやMRIを受けてもわからないということになるようです。 ギックリ腰でMRIとレントゲンなどの画像診断を受けても「異常はありません」といわれるだけのようです。

ぎっくり腰の一般的な治療


ぎっくり腰の初期対処


突如起こる「ぎっくり腰」の初期の対応は、動かず安静にして冷却することです。 「ぎっくり腰」のような急性腰痛の多くは、軟部組織の損傷を伴うことが多く、損傷してすぐに動かないことと冷やすことが重要です。 「ぎっくり腰」の中には痛みは出ているものの動けることもあります。 だが、「ぎっくり腰」の痛みは数時間をかけてちょっとずつひどくなる場合がおおく、頑張れば動けるからといって動いてしまうと、後々ぎっくり腰が悪くなる一因になります。 軟部組織(筋肉や靱帯)の損傷がある可能性が高いということを考えてすぐに冷やすことで炎症を抑える効果があると言われています。 しかし、冷やしても疼痛が極端に減少することがない為、疼痛の減少を感じるほどのことはないようです。

鎮痛剤など


一般にぎっくり腰では、鎮痛剤を出されます。 痛み止めでぎっくり腰の疼痛を抑えて自然治癒を目指します。

痛み止めの湿布


湿布なども一般的に出されます。 だが「ぎっくり腰」みたいな急性の腰痛では、鎮痛剤の方が痛みを軽くするには適しているようですね。

注射


疼痛が強い時は注射をします。 痛む部位の局部的な麻酔と脊椎に注射をするブロック注射があります。 ブロック注射は疼痛に劇的に効果的なことが多いかわりに時々医療事故も発生しています。

コルセットなどの装具など


ちょっと動くだけで疼痛をはっする「ぎっくり腰」に、腰を保護するコルセットはすごく有効な方法の一つです。 痛む部分に負担がかかると腰部を刺激して痛みが出るので、腰部を固定してその動きを制限することで腰部の痛みを軽減します。

ぎっくり腰と整体の施術


病院の治療に加えて整体みたいな手技療法も「ぎっくり腰」の治療法として考えている人もいるのではないでしょうか?整体で行われている「ぎっくり腰」の矯正とは、どのようなものでしょうか?整体というと背骨をボキッとするイメージが強いと思います。 整体は、一般に脊椎の歪みを施術して身体を整える治療です。 「整体で施術を受けたら、帰る時には疼痛は消失して歩いて帰れた」とか「たった一回の矯正で治ってしまった」などの話はよく聞きます。 一般的に腰部を大きく損傷しているぎっくり腰は、ボキボキするような大きな力を加える矯正は行いません。 やさしくズレた脊椎や骨盤を矯正します。 微妙な関節の歪みでも腰部に激痛を発症することがあります。 これらの場合には整体はとても効果を発揮します。 脊椎の歪みや骨盤の関節などこのわずかな骨のズレを治療することで、激痛があっという間に良くなることがあるようです。 ただ、「ぎっくり腰」のような急性の腰痛にたいしボキボキしてしまうような過激な治療をする所に通うのは要注意です。 中には、「ぎっくり腰」のような急性腰痛に対し過激な治療をして悪くなる事がある。 良心的な整体は、急性腰痛に対してどのようなときも過激な調整をおこなうことはありえません。
浜松市東区、ぎっくり腰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です