肩凝り、カイロプラクティック

O脚

ゴダイゴ ― ビューティフル・ネーム


役に立ちそうで全く役に立たない雑学10選


どうしてカビはハエをこのような状態にしたの?(feat.寄生生物)


【実態】バカ教師の劣情。 生徒に手を出しまくり捕まっても数年したらまた教壇へ…【立法コンサルタント如月蓮夜】【マンガ/アニメ】


【装甲騎兵ボトムズ】ベルゼルガ【機体解説動画】


どうしてカビはハエをこのような状態にしたの?(feat.寄生生物)


【歴史解説】ゆっくり大江戸102 一揆の歴史 戦う百姓の真実【江戸時代】


【ゆっくり解説】死後の世界の仮説5選 ~宗教・スピリチュアル・科学~


【え!】『関越道』と『首都高』が繋がっていない理由がスゴい!


タイピング初心者上達のコツ【ブラインドタッチ最短練習方法】


米軍から見た日本の戦艦➀


いのちの歌 [Inochi-no-Uta] / 竹内まりや [Mariya Takeuchi] Unplugged cover by Ai Ninomiya



腰痛
整体
整体
整体

整体
整体(せいたい)とは、日本語ではふつう手技(しゅぎ)を使った民間療法(みんかんりょうほう)、代替医療(だいたいいりょう)を示す言葉です。
また肉体を整える施術全般にもちいられる言葉です。
日本語としては大正時代に使用され始めた用語でアメリカ(米国)で体系づけられた手技療法・オステオパシーを整体と訳したのが始まりのようである。
現在、世間一般に用いられる意味では、カイロプラクティック(Chiropractic) に似た背骨矯正法(主に脊椎・骨盤)を目的とした手技療法を指してつかわれるケースがおおい。
脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)など、体全体の骨格や関節のズレの調整、骨格筋の調整などを、手を使った手技療法(しゅぎりょうほう)と補助器具でおこなう治療及びその行為を指しているという意見もあるが統一された体系はない。
徒手的治療法によりいろいろな疾病を治癒させることを目指す療法は「マニピュレーション」と称されるが、この代表といえるのがカイロプラクティック Chiropractic ・オステオパシーです。 治癒力(ちゆりょく)を活性化することと手技療法が中心であるという共通の部分があるが、治療の哲学やアプローチの方法は違っています。
どちらも19世紀に米国(アメリカ)で体系づけられた治療法(ちりょうほう)である。 カイロプラクティック 「Chiropractic」 は背骨の椎間関節の「サブラクセーション」(亜脱臼)を手技により調整「アジャストメント」して、疾病を治そうとする施術。 「オステオパシー」は身体の構造の歪みは血液・リンパ液などの循環に悪影響をあたえ、神経の伝達や内分泌、体液の循環を妨げると考え、背骨だけでなくすべての筋肉繊維や骨格構造、内臓、頭蓋骨が手技療法の対象となる。
脳脊髄液の流れの回復やリンパ液の流れの回復も目的とされる。 「カイロプラクティック」やオステオパシーの理論・技法は、整体や指圧などの日本の徒手矯正療法に影響を与えた。



整体には決まったやり方はなく行う人により理解・解釈は異なります。 大正のころ伝わった「オステオパシー」やカイロプラクティック Chiropractic など欧米より伝来の治療法を主とする整体(せいたい)、日本古来の格闘技の柔術や骨法(こっぽう)などの流派に伝わる徒手矯正を使った整体(せいたい)、中国医学の手技療法を使った整体、各団体の独特の理論や思想などを加味した整体など存在する言われています。
民間療法であり、医療の制度から見て代替医療の一つであるが、保険の適応外であるので、通常の医療と一緒に一般医療の現場で治療として用いられることはない。 法制度からは医業類似行為の一つとされています。 「整体術(せいたいじゅつ)」・「整体法」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも言われています。 明治末ごろから現れた民間療法で、指圧、「カイロプラクティック」 Chiropractic 、オステオパシー、光線療法、電気治療などの方法で病気回復の目的で業となす行為を「療術」と言うが、整体もこの一つとされました 。
整体は、論理・技術の両方とも統一されていないため、整体(せいたい)を冠する療法家めいめいが自論を展開している。
カイロプラクティック(脊椎矯正法)のような科学的・物理的施術と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で普通に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの論理の混合形となっています。
肉体の骨の関節(背骨・骨盤・・四肢・顎関節等)の歪み・ズレの調整と筋繊維のアンバランスの補正など主に手足を使用した技術(矯正器具を使用する場合も)で行う治療です。
整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です