鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縲√き繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

浜松市南区、骨盤矯正

【Vol.77】[第2弾/後編]ごく身近にあるのに、実はよくわからない車の疑問<9選>【GS-RADIO】


【寄生獣①】今こそ読むべき90年代伝説の漫画(Parasyte)


【2ch面白いスレ】偶然釣れた伊勢海老 漁師「通報するね」➡結果【ゆっくり解説】


装甲騎兵ボトムズ OVA OP 鉄のララバイ AI 4K 日語字幕 (MAD) (思い出シリーズ)


【培養肉】来たる肉の新時代!?未来の肉は全て人工へ…?


【ゆっくり解説】エコとは無縁で環境破壊!?日本での普及は問題だらけ!電気自動車の歴史



カイロプラクティックの骨盤矯正


骨盤矯正


昨今は「骨盤矯正」というものをネットやテレビなどで見かけることが増えてきました。 「骨盤矯正」はどのようなものなのかわかっている方は少ない。 骨盤矯正はなんなのか説明してみる。 「骨盤矯正」のことを理解し間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようにしましょう。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正


「骨盤」は、左右一対の腸骨とその中間にある仙骨、それに仙骨(せんこつ)の尖端についている尾骨からなっています。 整形外科などの病院の治療は普通骨盤の矯正はすることはありません。 なぜだと思いますか?一般医療では骨盤はズレないと考えられていて、骨盤がふんだんの生活で歪み、それが身体の不調の原因になってしまうことはないと考えているからなのです。 (しかし一部の病院では骨盤の施術を独自にしている整形外科もわずかですがある)。 例外として、交通事故や高い所から落下した場合のように強い負荷が骨盤に加わり骨盤の関節が大きく歪んだとき(「骨盤」の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元の状態に戻すように骨盤を矯正することがある。 この場合、外科手術で骨盤の修正をおこなうことが多いようです。 また産科では、産後に骨盤の関節のゆるみを調整するように骨盤を閉めつけて安定させる骨盤ベルトのようなものをすすめる病院がある。

骨盤はズレるのか?


病院の医療で「骨盤」はズレないと言われ、「カイロプラクティック」などの手技療法では骨盤はズレると考えられていていったいどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそのような考え方の違いがでるのかを説明してみます。 まず、「カイロプラクティック」で言う骨盤がズレると言うのは、整形外科などでいう「骨盤」の関節の脱臼や捻挫みたいにレントゲンなどの画像で分かるようなひどいズレは扱うことはありません。

病院では?


婦人科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で分からないくらいのズレは痛みなどの身体の不調の要因になりえないと考えています。 他にも骨盤の動きはわずかで例外的なのは出産する時に可動するくらい。 中年くらいになると仙骨と腸骨はほぼくっついてしまうので骨盤は通常では動くことはないと考えているようです。

カイロプラクティックの骨盤矯正は?


カイロプラクティックでおこなわれている骨盤矯正では、普段の施術で「骨盤」のすこしのひずみを矯正した直後に患者の痛みが改善されるのをよく目にします。 実際骨盤の仙腸関節の周辺には神経、筋肉、靱帯、などが存在しすこしの歪みでも靱帯、神経、筋肉を充分刺激する。 レントゲンやMRIのような画像診断でひずみが写らなくても骨盤がひずんでいてそのひずみを矯正する必要があるとカイロプラクティックで考えるのはこのためです。

痛みの原因は骨盤の歪み


ズレた骨盤は、色々な痛みを身体に出現させます。 「骨盤」がズレると骨盤に乗っている背骨がズレます。 脊椎がズレると脊椎の中に入っている神経や血管、身体を支える筋肉や靱帯、全身に栄養や酸素を送る血管に大きな負荷がかかりこれらは、どれも身体にとって凄く重要なものでどれか一つが障害されても肉体に障害が起きます。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫


脊椎が歪むと背骨より出る神経機能が障害されます。 内臓の障害や運動機能の異常など身体のさまざまな部分が神経でコントロールされているので、すべての体の障害に関連してきます。

筋肉、靱帯、関節にかかる負担


ひずんだ肉体は、関節、筋肉、靱帯に異常な負荷がかかる為、慢性的な凝りや痛みなどの要因になったり、運動機能の低下などももたらします。

歪みによる血行不良


肉体の曲がりによって血管を圧迫すつことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因なってしまう。

骨盤矯正とカイロプラクティック


手技療法などによるカイロプラクティックの「骨盤矯正」は、主に手によっておこなわれます。 矯正器具や矯正ベッドなど使うこともあるようではあるが、一般的には手技でします。 また、骨盤ベルトのような骨盤を締め付けるような装具も使う事もあるみたいです。 ふつう調整の痛みは伴わないのが普通ですが、中にはすごく強い力で無理に施術を、もちいる治療師もいます。 正常な「骨盤」の場合、骨盤の仙腸関節の動きは凄く狭く大きく動くことはありません。 このすくない可動域を治療により可動させるので普通は大きな力を用いることはないのです。

カイロプラクティックでおこなう骨盤矯正


骨盤の仙腸関節は靱帯や筋肉で強くつながっていますが、靱帯や筋肉の柔軟性の範囲でしか骨盤の仙腸関節は可動することはできない。 「「骨盤」が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをテレビ、雑誌、ネットで見ますが、騙されないで下さい。 骨盤にどれだけ力をかけても眼で見て分かるほどの変化はしません。 こんな広告をするカイロプラクティックでは、骨盤の上に乗っかるなどして大きな力を加えるなどして施術します。 凄く大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと考える方もいると思いますが、目に見えて分かるほど可動したときは骨盤の仙腸関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限度を超えてしまうため、靱帯や筋肉を破壊してしまいます。 治療した後変わったと感じる人もいるみたいですが気のせいのようなもので変わったような気になっているだけです。 「骨盤」の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ「骨盤」が目に見えて違いが自覚できるほど動いていることはありえません。 かりに見た目で変化が分かるほど骨盤が動いたのであれば、仙腸関節の靱帯や筋肉は損傷しているはずであり、仙腸関節の強い痛みが発生しているはずです。

産後の骨盤矯正


例外として骨盤が普通異常に可動することがある。 それは、出産する時です。 出産時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるんで骨盤が、開くように可動しやすくなったりします。 出産の時には恥骨間が2㎝くらい広がりますが出産の時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性はありません。 出産時でもそんなに大きく可動しない骨盤が、眼で見て分かるほど治療で大きく可動することはありえません。 歯の矯正のように数年間にわたって常に力を加えるようなベルトなど使用すれば徐々にですが矯正していくことはできるでしょうが実際には無理があります。

骨盤を矯正しよう!


「カイロプラクティック」でおこなう骨盤矯正は体形などを変えるものでなく身体をバランスのとれた理想的な状態に正すことが目的なんです。 骨盤の仙腸関節は、小さな歪みでも痛みを発症することもありますし、骨盤のちょっとの歪みを身体全体を歪ませ健康などに大きな影響を与えます。 骨盤を矯正して身体をバランスのとれた良い状態に保持することで健康を保ち痛みや凝りを解消します。 もし骨盤が歪んでいるとおもうのであれば「骨盤矯正」をやってみるのもいいでしょう。 骨盤は肉体の土台です。 骨盤が傾けば身体全体が傾ていしまいます。 健康な体は正しい姿勢かた¥ら!カイロプラクティック施術はとっても効果的な手助けになります。
浜松市中区、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縲√き繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

骨盤

【ひろゆき】幸せを感じる時間が多い人ほどコレを理解しています。 あの幸福感を知らない人は人生損しているかもしれません【切り抜き/人生/幸せ】


【ゆっくり解説】グレタちゃん!徹底的に論破され発狂!!


空母「信濃」―大和型戦艦から空母に!重装甲だけど中身は軽空母!?【ゆっくり解説】


3億2000万米ドルのフル装備のB-1ランサーがフルアフターバーナーで離陸


【実話】小便我慢大会。 9時間水を飲み続け…全穴から噴射死。


深海で釣りしたら、高級魚連発で楽しすぎるwww



カイロプラクティックと骨盤矯正


骨盤矯正


昨今では「骨盤矯正」というものをネットや週刊誌で見ることが増えました。 骨盤矯正とはなんなのか知っている人は少ない。 「骨盤矯正」はどんなものなのか説明してみる。 骨盤矯正のことを理解して間違いのない骨盤矯正を受けることができるようにしましょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!


骨盤は、一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にある仙骨、それに仙骨(せんこつ)の尖端につながる尾骨からなります。 整形外科などの病院の治療は普通骨盤の調整はしません。 なぜかと言うと、整形外科では「骨盤」はズレないと思われていて骨盤がふんだんの生活でズレてその歪みが肉体の不調の要因になることはないと考えているからです。 (だがある一部の病院で骨盤の治療を独自にしている病院も少しですがある)。 例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりした時のように強い負荷が骨盤に加わり骨盤の関節が大きく歪んだとき(骨盤の関節の脱臼、捻挫のようなこと)、元の状態に戻すように骨盤を調整することがある。 この場合、手術のようなかたちで骨盤の治療をされることが多いようです。 また産婦人科では、出産後に骨盤の関節の不安定性を修正するように「骨盤」を絞めて固定する骨盤ベルトのような装具をすすめる病院があります。  

骨盤は歪むのか?歪まないのか?


一般の医療では、「骨盤」はズレないとされており「カイロプラクティック」などでは「骨盤」はズレると考えられていていったいどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそのような違いがでるのかを説明してしてみたいと思います。 まずは、カイロプラクティックでいうところの骨盤が歪むというのは病院などでいう「骨盤」の関節の捻挫や脱臼なのどように、レントゲンなどの画像で見て分かるような大きなズレは扱いません。

一般の医療では?


病院などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で分からない程度のズレは痛みなどの身体の不調の原因になりえないと考えます。 他にも骨盤の動きは少なく例外的なのは出産の時に開くくらい。 中年以降は腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまう為、骨盤は普通動きがないと思っているみたいです。

カイロプラクティックの骨盤矯正


手技療法でおこなわれている骨盤矯正では、常日頃から骨盤の微妙なズレを治療することで患部の症状が改善されるのを見ています。 実際骨盤の骨盤のお周りには筋肉、靱帯、神経などがありわずかな歪みでも靱帯、神経、筋肉を刺激する。 MRIやレントゲンなどの画像でズレが見られない場合でも「骨盤」がひずんでいてその歪みを調整する必要があると「カイロプラクティック」で言うのはこのためです。

骨盤の歪みは痛みの原因


ズレた骨盤は、さまざまな痛みを身体にもたらします。 骨盤が歪むと骨盤に乗る背骨がズレます。 脊椎が湾曲すると脊椎の中の神経や血管、骨格を保筋肉や靱帯、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管などに大きな負担がかかりこれらは、どれをとっても肉体にとって凄く重要なものでどれか一つが障害されても肉体に障害が起こるようになります。

骨盤が原因の体調不良


脊椎が湾曲すると背骨から出る神経機能が狂います。 内臓諸器官の異常や運動機能の異常など体の様々な部分が神経の命令でコントロールされているので、全ての体の障害に関係してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担


ひずんだ体は、関節の動き、筋肉の緊張、靱帯に異常な負担がかかってくるため慢性の凝りや痛みなどの原因になったり、運動能力の低下などももたらします。

体が歪むことによる血行不良


肉体のズレによって血管などを圧迫してしまうことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因なってしまう。

カイロプラクティックの骨盤矯正


民間療法などの「カイロプラクティック」「骨盤矯正」は、主に手によってなされます。 矯正器具や矯正ベッドなど使用する場合もあるようではあるが、一般には手でします。 また、コルセットのような骨盤を圧迫する装具も用いることもあるみたいです。 ふつう治療の痛みをともなわないのが普通なのですが、中には強い力で無理やり治療を行う方法をもちいる施術師もいます。 普通の骨盤の場合、骨盤の関節の可動域は凄く狭く大きく動くことはない。 この少しの動きを修正で動かすので、通常は大きな力を使うことはありません。

現実のカイロプラクティックの骨盤矯正


骨盤の関節は筋肉や靱帯で強くつながっていますが、筋肉や靱帯の柔らかさの許す範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は動くことはできません。 「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、雑誌、ネットなどで見ますが、騙されないように。 骨盤にどれほど力をかけても見た目で分かるほどの動きはしません。 こんな宣伝をするカイロプラクティックは、骨盤の上に乗るなどして大きな力を加えて調整します。 凄く大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると考える人達もいるかもしれませんが、見た目で分かるほど可動した場合は骨盤の仙腸関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を損傷してしまいます。 治療前後で変化したと思う人達もいるみたいですが勘違いのようなもので変ったような感じがしているだけです。 骨盤の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて変化が分かるほど可動していることはないのです。 かりに見た目で動きが分かるほど骨盤が動いたのであれば、関節の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、腸骨と仙骨の間の関節の痛みが生じているはずです。

産後の骨盤矯正


例外として骨盤が通常以上に可動する場合がある。 それは出産する時です。 出産する時は、ホルモンの作用によって「骨盤」の関節がゆるみ骨盤が広がるように動きやすくなったりします。 出産の時には恥骨の間が2㎝ほど広がりますが出産の時以外では骨盤の仙腸関節はこのような柔軟性は無いのです。 出産の時でも決して大きく広がらない骨盤が、見た目で分かるほど施術で大きく可動することはない。 歯の矯正のように数年間にわたって力を加え続けるようなコルセットなどを使えば少しずつですが矯正していく事は可能でよしょうが実際には無理だと思います。

骨盤矯正をしよう!


カイロプラクティックで行われている「骨盤矯正」は体形などを変化させるものでなく肉体をバランスのとれた理想的な状態に戻すことが目的です。 骨盤の仙腸関節は、多少の歪みでも痛みなどを発することがあるし、「骨盤」の少しの歪みを体全体を歪ませ健康に影響を与えます。 「骨盤」を修正して身体をバランスのとれた理想の状態に保持することで健康を保って痛みや凝りを解消します。 もし「骨盤」がひずんでいると思ったら骨盤矯正をしてみるのもいいと思います。 「骨盤」は、身体の土台です。 骨盤が傾けば身体全体が傾きます。 健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!「カイロプラクティック」の治療法はすごく有効な助けになります。
骨盤矯正、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です