逕」蠕後・鬪ィ逶、遏ッ豁」

産後の骨盤矯正

【日本史】米海兵隊を壊滅させた日本軍の罠 ~2600名以上もの米兵が犠牲になった沖縄・シュガーローフでの戦い~/血染めの丘(前編)


教習所では習わないMT車の坂道発進の方法【サイドブレーキなし】


【10万円】ヒ〇キンさん大絶賛ガジェットは本当に最高なのか?【富豪専用】


あの素晴しい愛をもう一度 / 加藤和彦・北山修


【ゆっくり解説】本当は怖い日本の聖地10選!【神社・仏閣】


ゆっくり駄弁【14】何故嵌る?『陰謀論』に陥る理由



産後の骨盤矯正


産後の骨盤矯正を知ってますか?


産後に行く産後骨盤矯正を受けてみたいと思いませんか?最近、出産された方達で聞いたことの無い方達はないんじゃないですか?産後の骨盤矯正が知られるようになったのは、今から30年くらい前からくらいです。 それ以前にも産後の「骨盤矯正」はありましたが、昨今のように一般には周知されていませんでした。 30年前くらいに雑誌やテレビに取り上げられるようになり徐々に産後の「骨盤矯正」は、普通の人にも知られるようになってきました。

産後の骨盤は歪む?


赤ちゃんを出産する時「骨盤」は、子供が通りやすいように骨盤の関節が左右に広がります。 いつも可動しない骨盤の関節は赤ちゃんを産むのが多少でも苦痛が楽になるようにホルモンによって柔軟性が増えてわずかに広がります。 特に恥骨の間と坐骨の間が広がります。 仙骨と腸骨の間の仙腸関節(せんちょうかんせつ)は動きますが広がったりはしません。 骨盤の関節が柔らかくなり始めるのは出産より前からで産後最高に開きます。 広がった「骨盤」は、出産後元の状態になります。

骨盤は出産後歪む?


ふつう、出産後骨盤は元の位置になります。 だが、出産後元の状態にならず腰痛や坐骨神経痛などを発病することがある。 どうして「骨盤」はズレるのでしょうか?

赤ちゃんが原因で骨盤が歪む


妊娠中に赤ちゃんがちょっとずつ成長します。 大きくなってきた赤ちゃんによって「骨盤」が中から押し広げられて骨盤が歪みます。

妊娠中の性活習慣によって歪む


日常生活(妊娠中に限らず)で、骨盤がズレるような癖がある場合。 元々「骨盤」が歪んでいれば、産後にその歪みが継続することがある。 産後「骨盤」は子供の出産前の骨盤に戻りますが、もともとの骨盤の関節が歪んでいれば、ズレた状態になります。

出産後骨盤が戻らない


産後に骨盤は元の状態になろうとしますが、何かの要因で骨盤が戻らずズレた状態になってしまう場合があります。 こんな場合、ひどい痛みが出ることがある。 痛みを発する所は恥骨の場合もあるが、腰に出る場合もある。

出産後の生活で骨盤が歪む場合


産後しばらくは、「骨盤」の仙腸関節は緩んだ状態になっていたりします。 その時期に赤ちゃんの授乳などの歪んだ姿勢でいる時間が長時間続いたりすると産後骨盤が正常に戻った後でも徐々にズレてしまう。

一般的な骨盤矯正


最近では、産婦人科などでも骨盤の歪みに対応して「骨盤」を不安定な状態から安定させるように締める着ける骨盤ベルトを使用するように奨めることもあるようです。 またテレビ、雑誌、ネットなどで自分自身で骨盤の関節のズレを治す骨盤矯正体操も紹介されるようになりました。 産婦人科で奨めているような骨盤ベルトは骨盤を圧迫するように「骨盤」の仙腸関節を圧迫するだけです。 婦人科では、どんなふうに骨盤が歪んでいるかを調べることはない。 出産後「骨盤」が曲がっていることを大前提にただ締め付けてあげるだけなのです。 骨盤矯正体操は、ストレッチなどの体操や骨盤にゴムを巻いて腰を動かしたりして「骨盤」を歪んでいない状態に戻そうとするものですが、自分の骨盤の状態がどのように曲がっているかを知ることのできる方法を教えてくれないので自分自身の骨盤のズレの状態を知ることはできない。 ストレッチや「骨盤」を動かすエクササイズをやっても自分の「骨盤」の状況を知らなければ、正しい骨盤に調整するには、どちらの方向に矯正を加えていいかわかりません。 自分自身の状況がわからないのに行う「骨盤矯正」のストレッチや体操は、動いているうちに運よく正しい状態になってくれればいいとをいう「偶然を願う神頼み」のようなものです。

カイロプラクティックの産後の骨盤矯正


背骨矯正の専門の治療であるカイロプラクティックは、「骨盤矯正」の専門家でもあります。 カイロプラクティックは「骨盤」の歪みを検査して、骨盤の歪みを良い状態に戻すように骨盤を矯正していきます。 骨盤を理想的な状態に正すには、骨盤の曲がっている状態を調べる必要があります。 骨盤の状況を把握していなければ、どの方向に骨盤を動かせば元の状態に戻すことができるか分かりません。 前述の一般人が行う「骨盤矯正」は、骨盤の状態を考えずに調整を加える為、最悪歪みが大きく悪化することもありえます。 このようなことは珍しいことではありません。 産後骨盤矯正をしようと考えているのであれば、カイロプラクティックで施術することが最も推奨されます。 またエステみたいな所の骨盤矯正は、個人の印象ですが、骨盤のズレが無いのに大げさに骨盤がズレていると患者を不安にさせ必要のない治療を長期に渡ってする傾向がよくあるようにおもいます。 正直信用できないところもたくさんあるような気がします。

産後に骨盤矯正は必要?


昨今の「骨盤矯正」の広告を見ると、出産後の「骨盤矯正」は、必ず受けるべきだ言わんばかりの広告の文句が目につきます。 「骨盤矯正」は産後絶対するべきなのでしょうか?答えは「NO」です。 「骨盤矯正」が絶対必要なくらい体に影響があるのであれば、骨盤矯正ができなかった時代はどーだったのか?骨盤矯正が存在しなかった時でも問題なく人々は子供を産んでいました。 産後の骨盤の大多数は、出産前の正しい状態に普通にもどります。 しかし、その中には産後「骨盤」が歪んでしまう人達がわずかながらいます。 大多数の人は、産後骨盤矯正は必要ではありません。 「骨盤矯正」が必要な方達は、産後なんらかの異常を生じた場合です。 出産後「骨盤」のズレが心配であれば、正しく検査をしてくれるカイロプラクティックに通うべきです。 まともなカイロプラクティックでは、「体形が崩れる」「太りやすくなる」などと骨盤矯正を奨めることはありません。 しっかりした「カイロプラクティック」では、歪んでいない骨盤をズレていると言って必要の無い「骨盤矯正」を奨めることもありません。 多くの人達は、産後の骨盤矯正は必要ないことを知っておいて下さい。

必要以上に患者を不安にさせるトークをする治療院は要注意!


骨盤の歪みを治さずにいると「下半身太りになる」「太りやすくなる」「体形が崩れる」など必要もないのに産後の骨盤矯正をすすめる整体は一度考えてからにして下さい。 出産後に「体形が崩れる、太ったり」のは「骨盤」が歪んだのが要因?これらの要因のほとんどは「骨盤」じゃなく日常の生活習慣です。 出産して習慣が大きく変化すると、太ったりして体形が変わることは特別変わったことではありません。 しかし、産後「骨盤矯正」を売りにする整体やエステの治療院は、産後の体の変化をすべて骨盤のズレのせいにして、「骨盤矯正をすれば体形を元にもどせます」と広告するのです。 体形が崩れる原因が骨盤のズレであれば、骨盤のズレを整えるだけで体形を元にもどすことができるはずですが、骨盤矯正だけで体が元どうりに戻る方達はわずかです。 その為、ダイエットサプリやストレッチなどの運動も平行して処方しようとする治療院がおおく、骨盤矯正では体形は元どうりにならないと白状しているのと同じです。 骨盤矯正に過度の期待をすることは大きな間違いです。 怪しい治療院やエステには気を付けましょう。 浜松市、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です