整体とX脚

浜松市西区、X脚矯正

【城を観る+】《松坂城》2022 〜日本100名城!松坂城跡を観る〜


米国側から日本の戦艦大和が沈没に至った本当の損害に世界が仰天!【総集編】


アンと組長の恋愛譚(大判組長のホームパーティ)


【武器解説】ドイツの長射程・超重砲まとめ7選、第一次~第ニ次世界大戦


アマチュア無線業界 30年で何が変わった? 衰退?いや進化? 地味に、色々と変化がありましたね。 IT化も日々進化。 色々な分野について解説


【ゆっくり解説】マジでヤバい…身近にいる危険な虫7選



X脚矯正(エックスキャク矯正)


X脚矯正


日本の女性の下半身の悩みでO脚の次に多くいる下半身の悩みがX脚なんです。 女性にすごく多いO脚と違ってX脚の人は少ないので知らない人もいるのではないですか?X脚とは、両足を揃えて立った時に踵や足首の間がくっつかずにアルファベットのXの字のようになってしまうことからX脚と言われます。 X脚は、見た目が悪いばかりでなく、身体にもすごく悪影響を与えます。 また、歩行時や走る時にも不都合な面があり、X脚の方は早急に改善することをお奨めします。 X脚の歩行の仕方や走り方は特徴的で、左右の膝が当たりやすく、脚が絡んで転んだりしやすい。 左右の脚が当たってつまづくのを防止するために両足を左右に開いて歩くので上半身が左右に揺れた歩き方や走り方になってしまいます。 X脚の人達は歩き方が変だとか走り方がおかしいとか言われて、整体院に来て初めてX脚だと気づく場合も多いようです。 見た目を気にするう人には、この左右に揺れて歩行するX脚の歩き方は凄くマイナスです。 歩行の仕方が変だとか、平な所で転倒するなどする人は、X脚の可能性があります。 一回自分の脚をX脚か検査してみることをおススメします。 X脚ではないと思っても、よくよく見てみるとX脚かもしれませんよ。

X脚の原因は?


X脚の要因には先天的な(遺伝的な)ものと、後天的な(後から身につける)ものが、ある。 先天的なものは遺伝によって受け継がれるものです。 後天的なものは、習慣などによって脚がじょじょに歪んでしまったものです。 座る時の癖や歩き方の癖などで股関節や膝関節が歪みます。 特に成長期の脚の骨が成長する期間の影響は大きく、ほとんどの場合、成長する時にX脚なっていきます。 また、X脚は、中年以降、骨や筋肉が弱くなってくると急激に膝の歪みが悪化することがおおく、これは関節が歳をとると共に大きく変形するのが要因になります。

X脚って治るの?


以前は、X脚の原因は解っておらずひとたびX脚になったら改善できないと言われていましたが、近頃ではX脚の多くは改善することが知られるようになりました。 曲がってしまった骨は真っ直ぐにすることはできませんが、股関節、膝関節、骨盤などの骨格を調整することによってX脚を真っ直ぐに近づけるように修正することができます。 X脚で悩んでいるのでしたら一度X脚矯正を受けてみるのもいいですよ。

整体とX脚


X脚の調整で最も効果的なのが整体なんです。 整体は骨を調整する治療で、当然脚の修正のプロでもあります。 整体でのX脚矯正では、骨盤、股関節、足首の関節、膝関節などを様々な方法で治療することによって曲がった脚を真っ直ぐに近づけていきます。 X脚の状態によっては道具を使うこともありますが、基本的に手技療法によって矯正していきます。 整体のX脚矯正は、一回目から変化が出ることが多く、とても効果的なのがわかります。 ただし、整体のX脚矯正は、整体院ごとに矯正方法が違い、どこでも同じ治療が受けられる訳ではありません。 整体は技術です。 治療師の力量に差があります。 ちゃんと調べてから行くのがいいのではないでしょうか?X脚矯正をおこなっている治療院でもホームページに治したX脚の写真を載せていない整体院とかは行くのを考えた方がいい場合もあります。 X脚の矯正の実績が無い整体かも…。 あと危険なのが、初めから回数券をススメてきたり、カードローンを薦めてくる所も考えなおした方がいいかもしれませんね。 最初の数回はようすを見るために回数券やローンを組まずにいた方がいいと思います。

X脚を治そう


X脚は、将来脚腰の痛みだけではなく全身に影響を及ぼします。 改善するにも早く(若いうちに)改善しないとX脚の矯正じたいが困難なものになります。 整体の治療で改善できると言っても、膝関節や股関節などの変形が進行してからではどーにもできません。 X脚に気が付いたら、早急に改善することをお奨めします。 整体が効果的と言っても限度がるので治らなくなってからでは遅すぎます。 X脚を気にしているのであれば、試しに整体に行ってみることをおすすめします。
浜松市東区、X脚矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です