鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ縺ィ鬪ィ逶、遏ッ豁」

骨盤矯正

【韓国チキン店】廃業多発!チキン店しか選択肢がない人生の残酷物語とは?【ゆっくり解説】


sub250speed drone | sub250speed toka1408 3600kv t75mmx5 hqprop fettec aio35 6s550 95c


【実話】車のエンジン音で人が◯んだらどうなるのか?とんでもない理論で殺人犯に仕立て上げられた男の末路とは【マンガ/アニメ】


【ピンク・レディー】UFO【叩いてみた】drum cover/ドラムカバー pink lady


【2ch面白いスレ】「部落出身の俺だけど、真面目に質問に答えるよ」部落出身だけど質問ある?【ゆっくり】


元嫁「私は間男さんと生きたい」俺「じゃあ離婚で」→十数年後に元嫁が他界。 離婚後の元嫁の人生は後悔を覚えるほど悲惨だった【2ch修羅場スレ・ゆっくり解説】



骨盤矯正とカイロプラクティック


骨盤矯正


近頃「骨盤矯正」というのを週刊誌やテレビやネットなどで見かけることが多くなってきました。 骨盤矯正は、どのようなものなのか解っている人達は多くありません。 「骨盤矯正」はなんなのか説明してみる。 骨盤矯正のことを理解して間違いの無い骨盤矯正を受けることができるようになります。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!


骨盤は一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にはさまれている仙骨(せんこつ)、それと仙骨(せんこつ)の尖端に付いている尾骨からなります。 外科などの病院の治療は一般的に骨盤の施術はすることはありません。 なぜでしょうか?一般医療では「骨盤」はズレないと思われていて骨盤が普段の生活でズレてそのズレが身体機能の異常の原因になるようなことはありえないと考えているからなのです。 (だがしかし一部の整形外科で骨盤の治療を独自にやっている病院も少ないながらもある)。 例外になるものとしては、交通事故や高い所から落下した時のように大きな力が骨盤にかかり「骨盤」の関節が大きくズレた場合(骨盤の関節の脱臼、捻挫みたいなこと)、元どおりの状態に戻す為に骨盤を修正する場合があります。 この場合、外科手術で骨盤の修正をおこなうことが多いみたいです。 また産婦人科では、産後に骨盤の関節の歪みを治すように骨盤を絞めて安定させるベルトのようなものをすすめる病院が増えてます。

骨盤は歪むのか?歪まないのか?


病院などの一般の医療では骨盤は歪まないと言われ、「カイロプラクティック」などの手技療法では「骨盤」は歪むと考えていてどっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそんな違いが出るのかを解説してしてみたいと思います。 まずは、「カイロプラクティック」で言う「骨盤」がズレると言うのは、病院などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫みたいにレントゲン写真などの画像で見て分かるような大きなズレは扱いません。

病院では?


婦人科などの医療ではレントゲンなどの画像で見ることのできない程度のズレは痛みなど身体の不調の要因になることはないと考えます。 これ以外にも「骨盤」の可動性は少しで例外的なのは出産の時に動く程度。 中年くらいになると仙骨と腸骨はほぼ癒着してしまう為、「骨盤」は通常では動くことはないと思っています。

カイロプラクティックの骨盤矯正


カイロプラクティックで行われている骨盤矯正は、普段の施術で骨盤のほんの少しの歪みを調整したのちに症状がよくなるのをよく目にします。 現実に骨盤の仙腸関節の周りには筋肉、神経、靱帯などがあり微妙なズレでも靱帯、神経、筋肉を充分刺激する。 レントゲンやMRIのような写真でひずみが認められない場合でも骨盤が歪んでいて、それを修正する必要があると「カイロプラクティック」で言うのはこの為です。

痛みの原因は骨盤の歪み


歪んだ骨盤は、さまざまな異常を体にもたらします。 骨盤がひずむと「骨盤」に乗る脊椎がズレます。 脊椎がひずむと背骨の中を通る神経や血管、体を保靱帯や筋肉、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管などに負荷がかかりこれらは、それも全て体にとってとても重要なもので、どれか一つが侵されても肉体に障害が起こるようになります。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫


背骨が湾曲すると背骨より出ている神経機能が障害されます。 内臓の異常や運動器官の障害など肉体の色々な部分が神経で操られているので全ての肉体の障害に関連してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担


ズレた身体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に異常な負担がかかる為、慢性的な凝りや痛みなどの原因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

背骨、骨盤が歪むことによる血行不良


身体のズレによって血管などを圧迫してしまうことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの要因になる。

カイロプラクティックによる骨盤矯正


手技療法によるカイロプラクティックの「骨盤矯正」は、多くの場合手技によって行われます。 矯正器具や矯正ベッドなど使うこともあるが、一般的には手技でします。 また、骨盤ベルトのような「骨盤」を固定する道具ももちいる事もあるようです。 一般的に治療の痛みをともなわないのが普通なのですが、中にはすごく強い力で無理やり治療を、使う整体師もいる。 正常な骨盤の場合は、「骨盤」の仙腸関節の可動性はとても狭く大きく可動することはない。 このすくない動きを矯正により動かすので、通常は強い力を使うことはありません。

カイロプラクティックで行っている骨盤矯正


骨盤の関節は筋肉や靱帯で強くつながっていますが、靱帯や筋肉の柔らかさのゆるす範囲でしか「骨盤」の関節は可動することはできない。 「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、ネット、テレビ、雑誌で見ますが、騙されないように。 骨盤にどれだけ力を加えても眼で見て分かるだけの変化はしません。 こんな広告をするカイロプラクティック骨盤の上に乗るなど強い力を加えるなどして治療します。 すごく強い力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると思う人達もいますが、見た目で分かるほど動いたときは「骨盤」の仙骨と腸骨の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限度を超えてしまうため、靱帯や筋肉を破壊してしまいます。 治療前後で変化したと感じる人達もいるみたいですがプラシーボ効果のようなもので変ったような感じがしているだけなんです。 骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて違いが分かるほど動いていることはないのです。 仮に目に見えて動きが分かるほど骨盤が可動したのであれば、関節の筋肉や靱帯は損傷しているわけであり、仙骨と腸骨の関節の間の痛みが出現しているはずです。

産後の骨盤矯正


例外的に「骨盤」が、通常以上に動くことがあります。 それは、出産時です。 出産時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩んで骨盤が開くように可動しやすくなる。 出産時には恥骨の間が2㎝くらい広がりますが出産の時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性はない。 出産の時でもそんなに大きく開かない骨盤が見た目で分かるほど治療で大きく動くことは無い。 歯列矯正のように数年にわたって力を加えるようなベルトなど使用すれば徐々にですが矯正していくことはできるでしょうが現実的に無理があります。

骨盤の矯正をしてみよう!


「カイロプラクティック」でおこなわれている「骨盤矯正」は、体形を変化させるようなものではなく肉体をバランスの整った健康な状態に戻すことが目的なんです。 骨盤の腸骨と仙骨の関節が多少の歪みでも痛みを発することがあるし、骨盤のわずかな歪みを肉体全体をひずませ健康などに影響を与えます。 「骨盤」を修正して体をバランスのとれた理想的な状態に保持することで健康を保ち痛みや凝りを改善します。 もしも骨盤がズレているとおもうのであれば「骨盤矯正」をやってみるのもいいのではないでしょうか?骨盤は、身体の基礎です。 骨盤が歪めば身体全体が傾ていしまいます。 健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!カイロプラクティック施術はすごく有効な助けになる。
骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です