手技療法(整体)と背骨矯正

今でもテストする場所を探すことで苦労している」と述べた。

その上で「実際に自動運転を導入する準備ができている国があるとすれば、それは日本だと思う。

信頼できる技術、デバイスが揃い、市街地での自動走行が可能になるのが2020年。

従って20年には私達は準備ができているということ。

ゴーンCEOは「私たちの仕事はまず技術を揃えるということ。

なぜなら日本では公道での自動運転のテストが可能だからだ。

ただそれを量販できるかどうかというのはやはり誰が何を決めるかによる。

欧州では公道でのテストはできない。

量販できるか否かは行政次第になる」と指摘。

何氏は拘束の具体的な理由などの詳細には触れなかった。

 何氏は記者会見で、日本人の女性1人が最近になって「刑事拘留」となり、日本人の男性1人が6月下旬から「居住監視」という措置を受けていると明らかにした。

いずれも正式逮捕の前に取られる身柄拘束の措置で、「居住監視」はホテルなどで軟禁状態に置かれる。

在日中国大使館の何振良報道官は28日の定例記者会見で、中国当局が「スパイ容疑」で日本人4人を拘束していると明らかにした。

中国政府がすでに逮捕を公表している日本人2人に加え、拘束が疑われていた別の日本人2人の拘束についても、中国政府として初めて公式に認めた。

一人暮らしの高齢男性で食事をひとりでとる「孤食」が多い人は、誰かと一緒に食事をすることが多い人に比べて約2・7倍うつ症状が出やすい、という研究結果を千葉大や東京大などのグループが27日発表した。

うつ症状の有無は、うつ病発見のための簡易テストで調べた。

家族や友人と一緒に食事をすることがうつ予防につながる可能性がある。

対象は、要介護認定を受けていない65歳以上で、2010年にうつ症状がなかった全国24市町の住民3万7193人。

約3万7千人を対象に3年間追跡した全国調査の成果。

「この酸素は始原的、つまり太陽系より古いものと考えられる」という。

 観測データは、67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P/Churyumov-Gerasimenko)を取り巻くガス中の酸素分子(O2)が、彗星が形成される「以前か、その最中」に存在していたことを示唆していると、ビーラー氏は記者団に語った。

これは、約46億年前の太陽系形成にかかわる化学に関する人類の理解に影響を及ぼすかもしれない。

 今回の発見に関する英科学誌ネイチャー(Nature)掲載の研究論文の共同執筆者、スイス・ベルン大学(University of Bern)のキャスリン・アルトウェッグ(Kathrin Altwegg)氏は、O2は他の元素と非常に容易に結合するため、「酸素が(原始の状態で)数十億年間も『生き残る』ことができるとは思ってもみなかった」と話す。

これまでの説では、67Pなどの彗星上にO2は存在しないはずだとされていた。

米ミシガン大学(University of Michigan)の科学者、アンドレ・ビーラー(Andre Bieler)氏は、今回の発見は「大きな驚き」であり、太陽系形成に関する通説を覆すものだと述べている。

酸素を含む原始の氷の粒はこのような荒々しい環境には耐えられなかったとされ、太陽系形成の過程はこれまで考えられていたよりも「穏やか」だったと推測できると、研究チームは述べている。

 通説では、生まれたての太陽系は混沌とした状態にあり、天体同士の衝突によってまき散らされた物質が、形成されたばかりの太陽に近づいたり、離れたりしながら漂っていたとされていた。